FC2ブログ

記事一覧

【113カ月目の浪江町はいま】「道の駅なみえ」がオープン 請戸漁港水揚げの魚使った定食も 「汚染水を海に流されたら台無し」と町民 吉田町長は海洋放出反対明言せず

原発事故による帰還困難区域を抱える福島県双葉郡浪江町で1日、「道の駅なみえ」がオープン。フードコートでは、請戸漁港で水揚げされた魚介類を使った料理の提供が始まった。シラスやヒラメなどの販売も始まったが、浜通りの漁業関係者にとって喫緊の課題は汚染水の海洋放出問題。国が強行すれば道の駅にとっても大打撃となるが、復興予算で首根っこをつかまれた吉田町長は海洋放出への反対を明言出来ない。町民は言う。「あれを...

続きを読む

【112カ月目の浪江町はいま】新型コロナウイルスが阻んだ母校との別れ 「解体前にお別れ会くらい開いて!」一蹴された卒業生たちの願い 背景に環境省の意向

2011年3月の原発事故・全町避難で閉校が決まった福島県双葉郡浪江町の町立5校が年内にも解体される事になり、最後の校舎見学会が23~25の3日間、大堀、苅野、幾世橋、浪江の4小学校と浪江中学校で行われた。しかし、コロナ禍で移動をためらう県外避難者から、日を改めてお別れ会を行うよう望む声が噴出。町役場にもそれらの声は届いているが一蹴され、5校は予定通り、年内にも解体されてさら地になる。そこには「今年度中に解体し...

続きを読む

【今は昔の〝復興五輪〟】福島県内7駅でカウントダウン再開 新たに県庁でも「365」点灯 五輪ムード盛り上げに必死だが…

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて1年延期された東京五輪。改めて設定された開会式(2021年7月23日)に向けたカウントダウンが23日、福島県内でも再開された。福島駅や郡山駅、いわき駅など7駅に加えて福島県庁内でも「365」の数字が灯されたが、果たして開会式を迎える事など出来るのか。野球・ソフトボールは福島市で開催出来るのか。震災、原発事故、台風水害、新型感染症と課題山積の中、五輪に向けたムードなど高まらない...

続きを読む

【原発避難者から住まいを奪うな】「懲罰的家賃2倍請求も〝追い出し訴訟〟もやめない」 具体的解決策示さず、頑なに方針変えない福島県 話し合いは平行線のまま

原発事故に伴う避難者などでつくる「原発事故被害者団体連絡会」(ひだんれん)や「『避難の権利』を求める全国避難者の会」が20日午後、福島県生活拠点課の職員らと話し合いの場を持った。両団体とも、国家公務員宿舎に入居する〝自主避難者〟への家賃2倍請求や〝追い出し訴訟〟をやめるよう求めたが、福島県側は改めて拒否。コロナ禍であっても追い出し方針には変わりないとの姿勢を示した。話し合いは何年も続けられているが平...

続きを読む

【東日本大震災・原子力災害伝承館】主眼は〝原発事故のリアル〟ではなく「復興の歩み」 初代館長の高村昇氏が福島県知事を表敬訪問 「私はアーカイブの専門家では無い」とも

福島県が双葉郡双葉町中野地区に今秋、オープンさせる予定のアーカイブ施設「東日本大震災・原子力災害伝承館」はやはり、原発事故からの「復興」がメインだった。初代館長への就任が決まっている長崎大学の高村昇教授(51)が17日午前、福島県の内堀雅雄知事を表敬訪問。改めて「復興の歩み、プロセスの発信が伝承館の主眼」と語った。自身を「アーカイブの専門家では無い」と認めながらも「9年間、地域の復興に携わってきたので...

続きを読む

【新型コロナウイルス】「教室や遊具いつまでハイター消毒?」福島の教師たちの悲鳴 足りない消毒用アルコール 「国費投じて増産するべき!」医師の怒り

新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと学校内の消毒を続けている福島の教師たちが悲鳴をあげている。消毒用アルコールが十分に行き渡らず、放課後の教室などはハイターを薄めるなど塩素系の薬品で代用しているのが実情。子どもたちの手指消毒でも節約を呼びかけているほどで、「アルコールが使えれば二度拭きせずに済むので負担軽減につながる」、「戦闘機を買う予算を削って量産に充てて欲しい」と怒る。原発事故後の福島に関わ...

続きを読む

【中通りに生きる会・損害賠償請求訴訟】東電の控訴で舞台は仙台高裁へ 第1回口頭弁論は9月15日、即日結審望む原告。東電は改めて権利侵害否定

「中通りに生きる会」(平井ふみ子代表)の男女52人(福島県福島市や郡山市などに在住)が、原発事故で精神的損害を被ったとして東電に計約1億円の賠償を求めた損害賠償請求訴訟。原告1人あたり平均24万円の支払いを命じた福島地裁判決(2月20日、遠藤東路裁判長)を不服として東電が控訴したため、訴訟の舞台は仙台高裁へ。第1回口頭弁論が9月15日午後に開かれる事が決まった。そもそも和解による決着を望んでいた原告側は「附帯...

続きを読む

【鹿児島県知事選2020】福島や宮城の親子に向き合い続ける2人のドクターが目指す「原発ゼロ社会」。女性医師が立候補。相模原から応援演説に駆け付けた女性医師の想いとは…

12日に投開票される鹿児島県知事選挙に、遠く神奈川から熱い視線を送っている医師がいる。2011年3月の原発事故後、甲状腺ガンを軸に福島県や周辺県の親子を支援している相模原市の牛山元美さん(63)=さがみ生協病院内科部長、循環器内科=。「川内原発の20年延長運転に反対」、「3号機増設の知事の同意は白紙撤回」を掲げて立候補した医師・横山富美子さん(73)=医療法人清水会理事長、霧島市=の応援演説に駆け付けた。横山さ...

続きを読む

【原発事故と甲状腺ガン】「小児甲状腺ガン診断後の妊娠・出産支えます」 子ども基金が新たな支援スタート。療養費受給者対象に5万円追加給付。新型コロナウイルス支援も

2011年3月の原発事故当時、福島県など1都15県に住んでいて、後に甲状腺ガンと診断された18歳以下の人を対象に療養費の給付を続けている「NPO法人3・11甲状腺がん子ども基金」(東京都新宿区、崎山比早子代表理事)が、新たな支援に乗り出す。これまでに療養費を受給した女性が妊娠・出産した場合、新たに5万円を給付。妊娠・出産に関する情報発信で不安解消にも取り組む。新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入減・支出増に苦しむ...

続きを読む

【台風19号水害】コロナだけじゃなかった遅すぎる支給 国の「被災者生活再建支援金」いまだに2割近くが支給待ち 早くて3カ月後、半年待って振り込まれた被災者も

支援金の支給が遅いのは新型コロナウイルス関連だけでは無かった。昨秋の台風19号に伴う「10・12水害」などで自宅が激しく損傷した被災者のうち、国の「被災者生活再建支援金」を申請した世帯の約2割がいまだに支給待ちでいる事が分かった。中には、書類の不備など無かったにもかかわらず、申請から半年待ってようやく100万円が振り込まれた被災者もいる。調べると、書類は何段階ものチェックを経た末に、わずか20人のスタッフが東...

続きを読む

「完全に除染して」「放射線のない海でいて」… 10年経ったら未除染解除に汚染水海洋放出? 為政者は今こそ読め、8年前に綴られた〝なみえっ子〟たちの想い

私の部屋に大切に保管している資料の中に、少し汚れた冊子がある。2011年3月の原発事故で全町避難を強いられた福島県双葉郡浪江町が、2012年4月に発行した「なみえの子どもたちの想い 復興に関する子ども向けアンケート自由意見」。当時小中学生だった〝なみえっ子〟たちの回答が直筆でそのまま掲載されている。ここに来て汚染水の海洋放出や帰還困難区域の未除染解除など、原発事故の後始末を一気に進めてしまおうという動きが出...

続きを読む

プロフィール

鈴木博喜

Author:鈴木博喜
(メールは hirokix39@gmail.com まで)
https://www.facebook.com/taminokoe/


福島取材への御支援をお願い致します。

・auじぶん銀行 あいいろ支店 普通2460943 鈴木博喜
 (銀行コード0039 支店番号106)

・ゆうちょ銀行 普通 店番098 口座番号0537346

最新記事

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
15位
アクセスランキングを見る>>