FC2ブログ

記事一覧

【サン・チャイルド】唐突な巨大モニュメントに賛否両論。ていねいさ欠いた木幡市長。市議会へ事前報告無く、対応後手後手。共産党は撤去求め要望書、作者は謝罪

福島県福島市に今月3日から設置されている6・2メートルの巨大モニュメント「サン・チャイルド」を巡って、市民から賛否両論噴出している。作者のヤノベケンジ氏が自身のホームページ上で謝罪。寄贈を受けた福島市の木幡浩市長も「今後、市民の意見を聴いて再検討する」とのコメントを市ホームページで発表する事態になった。木幡市長は「市民の皆様にも受け入れていただけ、子どもたちやまちづくりにプラスになるものと判断した」と...

続きを読む

【浪江町長選挙】低投票率、副町長の辞意…。嵐の中、吉田数博町長が初登庁。「馬場町長の『町残し』が評価された」。具体的ビジョン語らぬ厳しい船出

馬場有(たもつ)町長の辞職、死去に伴う福島県双葉郡浪江町長選挙は5日、投開票され、5231票を得た前町議会議長の吉田数博氏(72)が、「希望の牧場・ふくしま」代表理事の吉沢正巳氏(64)の1282票に大差をつけて圧勝。新しい町長に就任した。7日に初登庁した吉田町長は役場職員を前に「職員が頑張れば町民は戻る」と訓示を述べたが、宮口勝美副町長が退職の意思を固めるなど厳しい船出。投票率は前回比で12・97ポイント、2007年...

続きを読む

【モニタリングポスト撤去】郡山市で住民説明会。「撤去賛成」ゼロ。規制庁は「撤去強行しない」繰り返すも、撤去方針は撤回せず。市町村への移譲に含みも

「リアルタイム線量測定システム」と呼ばれるモニタリングポスト(MP)の撤去計画問題で、原子力規制庁は5日午後、福島県郡山市の郡山市役所で住民説明会を開いた。6月25日に福島県南会津郡只見町で始まった住民説明会は郡山市で5カ所目。事前申し込みをした市民は約60人だったが、最終的には97人が参加。撤去に賛意を示した市民は無く、意見を述べた市民全員が継続配置を求めた。これまでに開かれた説明会でも撤去に前向きな意見...

続きを読む

【浪江町長選挙】「東電の放射能が町を滅茶苦茶にした」。立候補した吉沢さんが東電前で怒りの選挙演説。「汚染水の海洋放出反対」~町議ら擁立の前議長と一騎打ち

馬場有町長の死去に伴う福島県双葉郡浪江町長選挙が26日告示され、「希望の牧場・ふくしま」代表理事の吉沢正巳さん(64)と前町議会議長の吉田数博さん(72)が立候補。原発事故による町民離散の中、10日間の選挙戦が始まった。町民が新しいリーダーに選ぶのは、町議有志の〝談合〟で擁立された前議長か、300頭の牛を見離さずに闘い続けたベコ屋か。27日には吉沢さんが経産省や東電本社を訪れて要望書を提出し、激しい選挙演説を...

続きを読む

【ふるさとを返せ 津島原発訴訟】「私たちは何も悪い事はしていない」。28歳女性が意見陳述で流した悔し涙~第14回口頭弁論。9月に現地検証を2日間実施へ

原発事故で帰還困難区域に指定された福島県浪江町津島地区の住民たちが国や東電に原状回復と完全賠償を求める「ふるさとを返せ 津島原発訴訟」の第14回口頭弁論が20日午後、福島地裁郡山支部303号法廷(佐々木健二裁判長)で開かれた。2人の原告が意見陳述。88歳の男性は自ら切り開いた土地を汚された悔しさを陳述。28歳の女性は「どうか私たちの声を聞いてください。津島をきれいにしてください」と涙を流しながら訴えた。次回期...

続きを読む

プロフィール

鈴木博喜

Author:鈴木博喜
(メールは hirokix39@gmail.com まで)
https://www.facebook.com/taminokoe/

最新記事

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
34位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
34位
アクセスランキングを見る>>