FC2ブログ

記事一覧

【就労不能損害賠償】「原発事故無ければ今も管理人だった」。飯舘村・伊藤延由さんに原告本人尋問。〝安住の地〟いいたてふぁーむ奪われた怒り。「一方的に補償打ち切るな」

原発事故による就労不能損害に対する賠償を、東電が一方的に4年で打ち切ったのは不当だとして、福島県相馬郡飯舘村の伊藤延由さん(75)=新潟県出身=が起こした訴訟の第11回口頭弁論が5月29日午後、東京地裁610号法廷(東亜由美裁判長)で開かれた。原告本人尋問が行われ、伊藤さんは原発事故で奪われた「いいたてふぁーむ」の管理人業務や有機農業への想いなどを語った。「事故が無ければ今も管理人を続けていた」と主張する原告に対し、被告東電は全面的に争う姿勢を崩していない。次回期日は8月7日10時。年内にも判決が言い渡される見通しだ。


【有機農業の好条件揃っていた村】
 飯舘村が「安住の地」になるはずだった。若者たちの研修の面倒を見ながら、夢の有機農業。2010年3月31日に行われた「いいたてふぁーむ」のオープニングセレモニーには菅野典雄村長も駆け付けた。新聞記者も取材に来た。まさか1年後、原発事故による放射性物質拡散の被害に遭う事になろうとはだれも考えるはずも無く、伊藤さんも盛大な祝賀パーティの輪に加わっていた。
 親の介護がひと段落するのと入れ替わるように舞い込んできた管理人の仕事。介護を理由にいったんは会社を辞めていたが、20年を超える付き合いの中で、社長や専務の信頼は厚かった。伊藤さんは「ぜひやらせてください」と即答した。「以前からこの国の農業には危惧を抱いていたんです。私には孫が7人いますが、今のような栽培をした米は食べさせたくない、有機栽培をしたいと考えていました」。
 農薬を使わない、もしくは大幅に減らすという事は、周囲にも病虫害を発生させかねない。その点、飯舘村には好条件が揃っていた。「ふぁーむを開設した集落の農家は1軒しかありませんでした。農業用水も上流にも下流にも利用する農家が全くいなかった」。2・2ヘクタールの水田を活用し、まずは減農薬での稲作や野菜作りに取り組んだ。東京から研修に来た若者たちに飯舘村の自然環境を楽しんでもらいながら少しでも農業に勤しんでもらう。その内容を考えるのも楽しかった。村民の助けも得ながら収穫した米は評判が評判を呼び、年末には売り切れた。「追加注文を断ったほどでした。夢が叶って幸せを実感していました」。
 「管理人の仕事は一生懸命、真面目に、他人に迷惑をかけないように生きて来て、専務や社長から信頼をいただいた賜物だと考えています。人間は必ず終わりが来るとは思うが、若い社員たちが『伊藤さん大丈夫だよ、老いたらふぁーむの離れで面倒みてやるから』と言ってくれていました。原発事故が無ければ、恐らく今も管理人業務を続けていたと思います」
 初年度は上々の滑り出しだった。水田を拡大し、さらに米作りに力を入れようとした矢先、原発事故が起きた。伊藤さんの人生は大きく変わった。




2010年4月1日に開所した研修所「いいたてふぁーむ」の管理人として米の有機栽培を始めた伊藤さん。「ふぁーむ」の開所は村の広報紙でも紹介された。減農薬で育てられた米は好評で、完売したという。夢の有機稲作が始まった矢先の原発事故だった

【元専務「雇用は自動延長だった」】
 便宜上、契約書に書かれた管理人としての雇用期間は1年間だったが、実際には契約期間に関する特段の定めは無かった。社長が「俺もリタイヤしたら飯舘村に行って(伊藤さんと)一緒に米作りをする」と言っていたほどだった。「身体が元気なうちはあそこでやらせていただくと考えていました。何も無ければ自動的に雇用が継続されると考えていました」と伊藤さん。これについては、証人として出廷した元専務も「非常に信頼出来る方で、伊藤さん以外の候補者はいなかった」、「雇用期間を1年ごとと決めていたのでは無く自動延長」、「原発事故が無ければずっと働いてもらっていた」と証言している。
 しかし、東電の代理人弁護士は伊藤さんへの反対尋問で「自動更新出来るというのは、あなたがそう思っていただけではないか」、「(雇用主との間で)具体的な合意があったわけでは無いのですね?」などと質した。また「東電からの賠償金を得ている間は仕事をしなくても生活出来ていたという事でよろしいでしょうか?」、「結局、真剣な職探しというのはしていなかったという事でよろしいか」とも畳み掛けた。「探そうと思えば農作業のアルバイト求人はありましたね?」、「シルバー人材センターの仕事をいくつか掛け持ちするという事は出来るのでしょうか?」とも発言。伊藤さんが「金に困っているのならいくつもアルバイトを掛け持ちして働けということですか?」と声を荒らげる場面もあった。
 原発事故後、伊藤さんや元専務は放射能汚染で村での農業研修を断念し、代替地探しに奔走した。千葉県や長野県、山梨県などを巡ったが、飯舘村に匹敵するほどの好条件に恵まれた土地は無かった。この間も研修所の建物に関する管理人業務は続いたが、研修所は放射能汚染で機能を果たせない。申し訳なさから、自ら会社に契約解除を申し出た。2014年6月。伊藤さんは70歳になっていた。
 就労不能に対する東電からの賠償金は、2014年4月から2015年2月までの11カ月間だけ。東電の相談窓口では「伊藤さん、(就労不能補償は)4年で終わりだよ」と言われた。「70のじいさんがこれから職探しをしてどうするんだい」と交渉したが駄目だった。被害が回復しているわけでは無いのに、収入が途絶えた。反対尋問で、東電の代理人弁護士は「管理人を辞めた後、厚生年金はいくらもらっていたのか」とまで質問し、伊藤さんを怒らせた。就労不能と原発事故との間に因果関係が無い事証明するためには何でもする。これが、一方では「被害者の方々に寄り添い賠償を貫徹する」と誓った東電の、もう一方の態度だった。


本人尋問を終え、傍聴した支援者を前に「喉がカラカラだ」とほっとした表情を見せた伊藤さん。「20年以上の人間関係で得た信頼に基づいて任された仕事を失ったのに、なぜ補償が4年で打ち切りなのか。とても理解出来ない。まだ言い足りない。私と同じような人はいっぱいいるんです」

【長年の人間関係で得た管理人業務】
 法廷で伊藤さんが強調したのは「あの職を得られた環境」だった。「20数年間、会社の人たちと一生懸命に仕事をして信頼を得た結果、あの仕事(農業研修所の管理人業務)が私のところに来たと思っています」。新たな職場環境で同じような人間関係を構築しようと思ったら、伊藤さんは100歳になってしまう。
 そして何より、飯舘村の大自然と有機農業に適した環境。東電の代理人弁護士は「そんなに有機農業をしたいのなら、場所はいくらでもあるだろう」と言わんばかりの質問を繰り返したが、伊藤さんは「有機農業ならどこでもいいと言われると心外です」と語気を強めた。証人の元専務も、「代替地探しをしながら飯舘村のあそこが最高だったねと話した」と証言した。それらを全て奪ったのが原発事故だった。
 2017年3月31日に帰還困難区域を除く避難指示が解除され、伊藤さんも2018年11月から村内で生活をするようになった。「放射線の環境については非常に厳しいものがあると自分自身で測定して分かったが、この中で何か出来る事があるんじゃないか、何か工夫する事で米作りが出来るんじゃないかと考えるようになった」。若者を招いての農業研修は断念したが、「測定の鬼」と周囲から呼ばれるほどに汚染の状況を測りながら模索を続けている。
 伊藤さんは2017年8月25日に提訴。①管理人業務に関する雇用契約に期限の定めがあるか否か②2017年以降の就労不能損害と原発事故との因果関係があるか否か─を主な争点に、これまで10回の口頭弁論が行われてきた。2017年12月には伊藤さん自身が意見陳述している。
 提訴後の記者会見で「何か私に落ち度がありましたか?」と切り出した伊藤さん。一方的に補償を打ち切る〝加害者〟に「被災者が負うべき責任は一切無い」、「一方的に汚されたうえに一方的に賠償を打ち切られるのは納得出来ない」と提訴を決めた。東電側は「賠償は尽くした」などとして全面的に争う姿勢を崩していない。「安住の地」を奪った原発事故に司法はどう向き合うのか。年内にも判決が言い渡される見通しだ。



(了)
スポンサーサイト



プロフィール

鈴木博喜

Author:鈴木博喜
(メールは hirokix39@gmail.com まで)
https://www.facebook.com/taminokoe/


福島取材への御支援をお願い致します。

・じぶん銀行 あいいろ支店 普通2460943 鈴木博喜
 (銀行コード0039 支店番号106)

・ゆうちょ銀行 普通 店番098 口座番号0537346

最新記事

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
11位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
11位
アクセスランキングを見る>>