FC2ブログ

記事一覧

【れいわ新選組】山本太郎代表が厳寒の郡山で語った「『原発事故』『10・12水害』で国がすべき事」。過去の言動謝罪した上で「国民を『部品』としか見ていないからこんなにお粗末」

夏の参院選で2議席を獲得し政党要件を満たした「れいわ新選組」の山本太郎代表が16日夜、福島県郡山市のJR郡山駅前で街頭演説を行った。原発再稼働の動きや、来夏の復興五輪に向けて原発事故後の賠償が打ち切られていく現状を強く批判した一方、原発事故直後の自身の言動に関しては「粗削りな物言いや態度によって多くの方々を傷付けた事を認め、深く謝罪します」と頭を下げた。その上で山本代表が厳しい寒さの中で何を聴衆に訴えたのか。囲み取材での発言も交えながら、「原発」と「水害」に絞って伝えたい。
2019111805240369c.jpg

【「年20mSvで避難解除は非人道的」】
 山本代表が原発問題に触れたのは、経団連の政治への提言のくだり。
 「経団連は原発再稼働も求め続けています。何言ってるんだよ。東電が事故を起こして、収束の仕方も分かっていないじゃないか。やっている事が滅茶苦茶ですよ。今後、南海トラフ地震が起きた場合、誰も原発の安全など誰も約束出来ません。だとすれば、一刻も早く原発をやめるのが安全保障上も正解ではないですか?何よりも、2011年の原発事故を『全てが終わった』という形にして、補償・賠償が打ち切られていくなんて、あまりにも誠意が無いと思います」
 そして、原発事故当時の自身の発言や発信について、頭を下げて謝罪した。
 「福島県内にも『山本太郎死ねばいいのに』と思っている方がいらっしゃる事は知っています。『歩く風評被害』と呼ばれた事もあります。『あいつはデマをまき散らしている』とも言われました。でも、私からしたら『デマ』では無いんです。だって、原発事故前の基準じゃないと人の命は守れないのに、事故が起こったら基準値を引き上げて、『大丈夫だ』という情報しか国からは発表されないなんて、そんなの国の責任放棄じゃないか」
 「私は当時、芸能界にいて、どのように皆の気持ちを1つにして合意形成をしていくか、国や東電をどのように逃がさないかという知恵なんて全くありませんでした。全く無かった。だから、私には『逃げてください』としか言えなかった。でも、後に『どこに逃げれば良いんだ』、『動くお金さえ無いのに』、『あなたはそう言えるかもしれないが、私たちは国の言う事を受け入れるしか無いんですよ』と言われた時に、私は言葉を失いました。私が発言する事によって多くの人々を傷付けた事を、本当に改めてお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」
 その上で、2017年5月10日に開かれた参議院・東日本大震災復興特別委員会での反対討論を読み上げながら、年20mSvを基準とした帰還政策の問題点を訴えた。
 「ただ、国は〝加害者〟としての役割を果たす必要がある。国策として〝加害企業〟東電を全力でバックアップして来た。それならば、事故が起きたら責任を果たしてもらわなければならない。例えば、空間線量が年間20mSvを下回ったら(避難指示を解除して)帰っていただいて結構です、というやり方は、私は非人道的だと思っています。空間線量と表面の汚染とをセットで見なければいけないのが放射線管理区域の基準です。どうして、原発事故後には空間線量だけで帰って良いとなるんですか?」
 「私の事故後の至らない、粗削りな物言いや態度によって多くの方々を傷付けた事を認め、深く謝罪します。その一方で、国や東電に加害者としての責任を取らせる。例えば一生涯の健康診断を約束する。受ける受けないは自由。でも、少しでも不安を抱いたら公費で健康診断が受けられる。それを形にしていきたいんです。もう遅いなんて無いですよ。オリンピックまでに全部終わった事になんかさせません」

201911170949529c7.jpg
蓮池透さんの演説。「住宅補助はどんどん打ち切る。裁判まで起こして、国家公務員宿舎に入居している避難者から家賃を取ろうとしている。福島県議会はそれに同意した。酷い話です」などと語った=JR郡山駅前

【「水害被災地に『ヒトとカネ』を」】
 終了後の囲み取材では、筆者は「10・12水害」に対する国や福島県の冷たさ、乾いた汚泥の舞い上がりによる内部被曝のリスクについて質した。
 「関東、東北という部分に関して言うならば、8年前の原発事故による放射性物質が降り注ぎました。山の除染が出来ないという中で、それらが山に溜まっています。今回の土砂災害で放射性物質が流れ出て来ているという事はあると思います。しかも、土砂が乾燥すると呼吸による内部被曝につながっていきかねなません。その点は、九州であった豪雨災害とは比較出来ないところだと思います」
 「復旧・復興の過程の中では当然、防塵対策がなされなければいけないと思いますが、恐らく被災者の皆さんは、それどころでは無いんだろうと思います。これまでの状況を見ると福島県も、そこには注意を払えない、払いたくないという部分もあるかもしれません。だとしたらそこは国が、本来であればマスクなど防護方法に関する支援もやり様があるんでしょうけれど、今の国も恐らく、そういう事はやらないでしょう。そう考えると、これまでと同じうように『自己責任』、『自分たちで気を付けてね』という形になっていくのが非常にもどかしいです」
 では、れいわ新選組が政権を担っていたら、どんな被災者支援が出来るのか。
 「まず、住宅地に流れ込んだ土砂が乾燥して舞い上がり、内部被曝につながるという部分があるならば、そこは『プッシュ型支援』として呼吸で取り込まないように必要な物などを支援する事が出来るでしょう。その問題以外でも、一番大きいのは『ヒトとカネ』です。これが圧倒的に不足しています。小型重機や小型ダンプ、ベルトコンベアなど、必要な物を真っ先に現地に届ける。それを私たちはやるでしょう。家屋内や小さな道には自衛隊は入らないから、ボランティアが中心になっています。昨日(11月16日)、宮城県丸森町に行きましたが、重機を使って作業をしているのはボランティアの方々なんです。昨年夏の西日本豪雨の時には私が100台、小型重機を入れさせましたけれども、今回の災害は、あれくらい広範囲にわたっているにもかかわらず、小型重機100台の支援は国はしていないんです。西日本豪雨でやった支援を、どうして今回はやらないの?まあ、それはカジノ推進を隠すために『一生懸命やってます』という形を見せた。今回は、カジノなどが無いですから、やらなくても良いだろうという判断されたんでしょうね
 「マンパワーの点では自衛隊。自衛隊の半数を私は災害に特化したノウハウを持ってもらうような部隊編成にしたいと考えています。国内の安全保障にもう少し力を発揮出来るようにしたい。屋根に上がってブルーシートを張ったり、床板をはがしたりという事もやる。現状では、それまでも被災者やボランティアがやらなければいけませんから。とてもでは無いが間に合わない。いつまで被災した状況でいさせるんですか?『ヒトとカネ』をどこまで注入出来るか。ボランティアに頼むにしても賃金が必要です。善意任せという事では無く、皆さん仕事をしているわけですから継続的にはなかなか活動出来ない。しかも時間の経過とともに忘れられてしまう。それらをまとめて動かす『防災庁』のような組織が必要だと考えています。そこでは〝スーパーボランティア〟と呼ばれる人々を国が雇用して知見を蓄積する。そして常に災害に備える。そういう取り組みが必要ですが、国はやろうとしない。なぜならば台風被害は毎年のように発生するから。そんなところに手厚くしたら、お金がかかってしょうがない。大地震に対しては素早くやるけれども、雨を軽んじている」
 「見舞金にしてもあんな金額では全然足りない。全壊で300万円程度。それで出来る事なんてほとんどありません。休業補償などをみっちりやるしか無いですね。国としてやるべき事は明確なんですけどね。やれると思いますよ。だって、自分たちに関わる事は、いくらお金がかかっても一生懸命やるじゃないですか。金に糸目はつけないというのがアメリカから武器を買う時のやり方じゃないですか。それだけ自由自在に出来るにも関わらず、こういう場面ではやらない。もはや、この国に生きる人々の事を『奴隷』とすら考えていませんよ。政治は人間を『部品』程度にしか見ていないんですよ。だから、こんなお粗末なやり方になるんでしょうね。自宅の1階部分が吹きさらしになって二階に無理矢理住んでいて年越し?何がめでたいんだって事ですよ」

201911170944368ac.jpg
厳しい寒さの中、JR郡山駅前で行われた山本太郎代表の街頭演説

【蓮池さん「避難者追い出し訴訟、酷い」】
 街頭演説には、夏の参院選で同党から立候補した元東電社員の蓮池透さんも駆け付け、マイクを握った。
 「東電で32年間働きました。原子力ひと筋、福島第一原発にも6年間、勤務しておりました。最後の10年間で『原子力に未来は無い』と感じておりましたが、なかなか声をあげられませんでした。会社を早めに辞めてから1年半後に原発事故が起きてしまいました。東電がちゃんとやっていれば、私はOBとして見守っていたと思いますが、とにかくとんでもない。これではいかんと思って声をあげ始めました。せめてもの罪滅ぼしになればと考え、原発即時禁止を訴えております」
 「空間線量が年20mSvを下回ったから帰れ、と言うのはおかしいです。その前に原子力緊急事態宣言を解除しろ。『あれは民主党政権が出したものだ』とでも言うのでしょうか。その上でもっと汚染を無くして欲しい。まだ他の地域より空間線量はやや高いです。それをやらずに、復興五輪にかこつけて名ばかりの復興を進めて被害者を切り捨てている。棄民政策です。言葉だけの復興に福島県の皆さんを利用して欲しくないんです。まずは原状回復です」
 自宅のある新潟県内では、東電が「災害に強い発電所を作ります」というCMを流しているという。
 「原発事故を起こして、それにかかる費用を隣の県で原発を動かした金で賄おうなんて、私には悪い冗談だとしか思えません。国策で原発を進めたのならば、国がきちんと責任を持つべきです。原発を再稼働させない事で生じる雇用の喪失も、国が面倒を見るべきなんです」
 演説では、こんな〝予告〟も披露した。
 「まだ具体的には言えないのですが、細々と取り組んでいる事があります。ただ批判するだけではなく、120万トンの汚染水を何とか出来ないものかと模索しています。マスコミは『処理水』と呼んでいますが、それはおかしいです。海洋放出への予防線を張っているのです」
 また、福島県が進めている〝自主避難者〟に対する追い出し訴訟にも触れた。
 「住宅補助はどんどん打ち切る。裁判まで起こして、国家公務員宿舎に入居している避難者から家賃を取ろうとしている。福島県議会はそれに同意した。酷い話です。賠償への不公平感などいろいろあると思うが、ぜひ分断される事無く、仲違いせず、福島県民は一丸となって復興して欲しい」



(了)
スポンサーサイト



プロフィール

鈴木博喜

Author:鈴木博喜
(メールは hirokix39@gmail.com まで)
https://www.facebook.com/taminokoe/


福島取材への御支援をお願い致します。

・auじぶん銀行 あいいろ支店 普通2460943 鈴木博喜
 (銀行コード0039 支店番号106)

・ゆうちょ銀行 普通 店番098 口座番号0537346

最新記事

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
11位
アクセスランキングを見る>>

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
11位
アクセスランキングを見る>>